地方の医療崩壊を救う地域医療に従事する医師

「地方の地域医療に貢献したい」。
そう考える医師が自らの出身地のみならず、医師不足を抱えているさまざまな地域へと移り住む傾向が強まっています。

ある程度の経験を積んだ医師がそのような行動に出る傾向は前々からありましたが、最近では若い医師も地方へと転職をし、そこで地域の医療環境を良くしようと務める動きが目立ってきました。

地方は都市部以上に高齢化が進んでいます。
高齢化が進めば、人口は減っていたとしてもそれだけ診療の機会を必要とする人が増えることにもなるのですが、しかし、この人口減で経営がままならなくなった病院や診療所が次々に閉鎖するなど、一種の医療崩壊を起こしている地域も少なくありません。

医療機関は地域を支える重要な役割を担います。
にもかかわらず需要と供給のバランスが崩れ、患者を支えきれない状態がところどころに、しかし確実に顕在化してきているのです。

そうした環境へと自ら飛び込むことに、強いやりがいを感じる医師も多く、また、若いうちからそうした使命感を抱える医師も増えてきています。
自らが地方へと旅立つことで、その地域医療を支えることができ多くの患者の役に立てると考えれば、それは医師の価値観としては非常に大きなものになるのは当然のことでしょう。

都市部でも地域医療という考え方はあるものの、どちらかと言えばその地域に存在している医療機関が連携をとりながら患者がベストな診療を受けられるようなシステムのことを指す傾向が強くあります。

しかし、地方ではそもそも連携が取れるような医療機関が少ない現状があるわけですから、やはり都市部とは考え方そのものが異なるのかもしれません。

地方への医師の転職はコミュニケーションやフットワークが求められる

地方においては、自宅で療養を続ける患者への訪問診療、また、患者を増加させないための予防活動などに焦点を当てるケースが多く、より幅広い医師としての知識と技量、そしてコミュニケーションやフットワークが求められるのが特徴です。
都市部とはまた異なったやりがいを感じられるのは、まさにこうした点にあるのかもしれません。

ただ単に医師不足だから、という理由にとどまらず、地方への医師の転職が増えているのは、確かな医師としてのスキルアップやキャリア構築にも直結するからなのでしょう。

地方への医師の転職は、IターンもあればUターンも考えられます。
一度地方でそのスキルアップやキャリア構築のために働き、再び都市部でさらなるキャリアアップを図るという考え方も若い医師ならできるはず。

地方で働きたいという方は医師転職ドットコムなどの転職サイトでぜひ一度、求人情報を検索してみてください。
地方への転職は50代60代になってから、という考え方は少々古いものになってきているようです。