腕を磨いた後に出身地へと戻る医師が増加

故郷を思う、それは誰にでも共通し抱いている気持ちであるはず。
医師となるためには医学部を卒業しなければなりませんが、そのために地方を離れる人も少なくはないでしょう。

医学部を卒業したのち、大学病院などでさらに腕を磨いた後で地元に戻り故郷の医療に貢献したいという思いを抱くのも、これまた自然なことなのかもしれません。

特に最近は、このような気持ちを抱き、出身地へと戻る医師が増えてきています。
医師の転職の場合、地方に活躍の場を求める人そのものが増えてきているのですが、その中でも自らの地元に帰ることを選ぶ人の割合が多くを占めており、決して珍しいことではなくなってきているようです。

地元や故郷に戻った後の医療への携わり方

地元や故郷に戻るとき、どのような形で医療に携わるのか、これは医師によって判断が異なってきます。
すでに医療機関があり、そこで医師を募集しているのであれば、その医療機関に転職をするという形も考えられるでしょう。

どのような分野を専門に腕を振るってきたのかにもよりますし、その分野の医師を募集していなければ即座に転職することは難しいものの、もしそのマッチングがうまい具合にハマりそうであれば、応募し転職するというケースが一つの選択肢として考えられます。

もう一つは、自ら開局するという選択肢です。
医療機関のない地域は増え続けています。
しかしそこにも人は住んでいるわけで、少ない人口かもしれませんが、そうした人たちとのつながりを大切にするために、敢えてそうした場に自ら診療所を設けるという選択もあるでしょう。

地元の人にとって、これほど助かる医師の存在はありません。
総合的な診療が可能となる診療所を設ければ、そこを拠点として地域医療にも貢献することができます。
高齢者の多い地域では、そうした人たちの負担も軽減することができ、病気予防への意識も高めることができるはずです。

地域にもよりますが、医師が不足していたり過疎の進んでいる地域であれば、自らの診療所を持つための初期費用も少なく済むでしょう。
これは余談ではありますが、故郷の人たちとのつながりを持つことができ、地元への大きな貢献を都市部よりも費用をかけずに行えることを考えると、医師にとってもこの選択はデメリットばかりではないのかもしれません。

医師の転職は、しばしばこのようなケースもあり、それが目立ってきている傾向もあります。
実際にそのような転職を選択するかは価値観次第ですが、故郷の状況を改めて見直してみたとき、その必要性があれば、このような道を選ぶ価値が出てくるのではないでしょうか。