人間関係から解き放たれたいという気持ちから地方へ

医師の転職希望先で徐々にその数を増やしているのが、地方や医師が不足している地域。
最初からそうした地域を希望しているわけではなくとも、転職活動を行いさまざまな人、例えば同じ職に就いている知人や転職コンサルタントなどの話を聞いているうちに地方での地域医療の必要性・重要性や医師偏在の問題を強く感じ、地方への転職を決める医師も少なくありません。

そうした医師が地方に魅力を感じるのは、決して医師としての使命感があるからだけではないようです。

もちろん、そのような使命感や医師としての矜持のようなものに突き動かされ地方への転職を決意する人も多いのですが、そうではなく、都市部ならではの、さらに言えば大きな大学病院ならではの人間関係から解き放たれたいという気持ちから地方へ移り住む医師も増えてきているのです。

つまり、ストレスから逃れたい、もっと自分のペースで医療現場や患者と向き合いたい、そうした気持ちがあるのでしょう。

地方の、特に医師が極端に不足している地域を選ぶと、もしかしたら都市部よりも忙しさは増してしまうかもしれません。

しかし、そこには大学病院の医局のような人間関係はなく、非常にハードな現場ではあるものの、上司や先輩、それらが構築する派閥などに起因するストレスはほぼ感じずに済みます。
医師として患者と向き合い診療を行っていくことに専念できるのです。

これは、医局に対して不満を持っていたり、そうした人との繋がりをあまり得意としない医師にとっては魅力的に感じることでしょう。
医師の転職先に地方を選ぶ人が増えてきているのも頷けます。

医師として患者との繋がりを優先したい人に地方への転職はおすすめ

医局を辞めるとなれば、義理はないのかと迫られることも、もしかしたらあるかもしれません。
しかし、人間関係に嫌気がさして転職する医師の場合には、まさにその義理人情のような考え方に馴染めないのです。

もちろん、大学病院に育ててもらったという恩は強く感じているでしょう。
ですが、それは実際に感じている方が主張するものであり、先輩や上司が振りかざすものではありません。
にもかかわらず義理人情のような考え方を振りかざしてくる、そんな環境から遠ざかりたいと考えるのは自然なことなのではないでしょうか。

医師同士の繋がりや関わりよりも、「医師と患者の繋がりや関わりを優先したい」、そのような考え方を持っているのであれば、地方への転職は一つの有効な選択となり得るはずです。

特に出世欲があるわけではなく、単に臨床医師として全うしたいと考えている人にとっては、その選択が何よりも大きな意味を持つことになるのかもしれません。