煩わしい人間関係から開放され年収もアップ

医師が転職を考えるとき、選択肢の一つとして頭に思い浮かべる人も多いであろう、地方へ移り住むという決断。
それなりに設備が整い、患者数も症例数も多い都市部の医療施設から、それらが整っていない、揃っていない地方へと移り住み医療に携わるということに対して、少し消極的な感情を持ってしまうのは仕方がありません。

しかし、積極的にそれを考える医師も多くなってきており、実際に行動に移す医師の年齢層も広がる傾向が出てきています。

時代的なものもあるでしょう。
医師にとってはゆとり教育という言葉が気にならないほど勉学に勤しんできたはずですが、それでも世代ごとに価値観は異なり、医局のような息苦しさから抜け出したいと感じ、また、医師として最も必要な社会貢献、地域貢献というものに重要性を感じる若い医師が続々と出てくることは自然の流れであるはず。

一方で、地方の方が収入が多くなるというデータもあるため、それに魅力を感じ転職を決意する医師もいるようです。
これは、医師不足が要因となり起こっている現象の一つ。
医師が足りなければ待遇を良くすることしか、病院が打てる手立てはありません。

医師側も、年収がアップすれば嬉しいですし、煩わしい人間関係から解き放たれた上で年収が上がるとなれば、積極的にこの道を選ぶのも、また自然な流れとなるでしょう。
おかしな言い方かもしれませんが、医師不足の恩恵を受けることができるわけです。

重要な役職に就き自身が理想とする医療環境を体現できるメリット

加えて、地方の医療施設では、転職によって移り住んだ医師を所長という重要な役職に置くところも少なくありません。
実際に求人には「所長募集」という言葉も頻繁に踊っており、これはほとんど都市部以外の地域の医療施設の求人に見られる傾向となっています。

役職を得るということは、自らのやりたいことがしやすくなるということです。
何も権力が欲しいからではなく、自身が理想とする医療環境を体現しやすくなることにメリットがあり、そのために役職を得られるのであれば、転職を決意するという医師がいても不思議ではありません。

当然、キャリアアップにもつながるでしょう。
所長クラスではないにしろ、重要な役職を地方への転職によって得ることができれば、医師のキャリアとしては非常に大きなステップアップとなります。
その後、診療所等を自ら立ち上げる時にも、このメリットが存分に活かせるようになるはずです。

医師の転職というものは、しばしば、このようなキャリア全体を俯瞰した形で自ら構築していく必要があります。
家族がいると地方への転職は簡単ではないかもしれませんが、年収がアップし、都会にはない地方ならではの魅力に囲まれて生活できることを考えれば、家族にとってもデメリットばかりではないはず。

長い目で見た時には、地方への転職は大きな恩恵を受けることができる選択となるのかもしれません。