近年地方へ移住し地域医療を選ぶ医師が増えている

都市部には大きな病院も多く、そうしたところでは最新の設備も整っているため、診療に不備なく取り組むことができます。
また、生活するにも困ることがほとんどないため、多くの医師はこうした都市部や都会という括りに収まる地域、あるいはその周辺での居住・勤務を希望する傾向がしばらく続いていました。

しかし近年、そうした都市部や都会の病院やクリニック等ではなく敢えて地方の病院へ転職し、そこで地域医療に専念することを選ぶ医師が増えてきています。
一体どうしてなのでしょうか。

地域医療を選ぶ魅力とは

医師によってその理由は様々でしょう。
元々地方から都市部にある大学の医学部へと進学し、そのまま大学病院の医局などで研修期間を過ごした医師はそこにとどまり、一定期間医師としての腕を大学病院内、あるいは都市部のある程度の規模を持つ病院で磨いていく形を選択する人がほとんどです。

しかし、それなりに都市部の医療機関で過ごした後、自らの生れ育った地域の医療環境の現状を案ずることになり、居ても立ってもいられずに故郷へと戻るという医師も少なくはありません。

また、自らが生れ育った地域ではなくとも、都市部にはない魅力を感じた場所へと移住し、そこで自らの学んだことや経験を遺憾なく発揮する医師もいます。

例えば、複雑な人間関係から逃れたいと感じていたり、子供が自然に囲まれて伸び伸びと成長できる環境を選択したりなどを理由に地方へと移り住む人もいるでしょう。
まさにこれらは、都市部にはあまりない魅力です。

たまたま求人を目にし、その病院や地域などにとても大きな興味を持ち転職する医師もいます。
医師の転職専門のエージェントに、そうした求人を紹介してもらったことをきっかけに地域医療に携わることを決意する医師もおり、それこそが求めていた医師の姿でありキャリアの集大成だと考える医師もいるほど。

都市部にはない魅力を他に挙げれば、田舎の方では医師と人との距離が近く、事務的な診療になってしまいがちな都会や大きな病院にはない距離感が存在していると感じる医師もいます。

また、専門分野に特化した診療とは別に、あらゆる疾患や怪我、患者の状態などと向き合うことも求められる傾向が強いため、そういった点でみれば、より多くの経験が積めるという魅力もあるのかもしれません。

医師の転職において一種のブームのようにもなっている地方への移住。
医師それぞれに様々な理由や動機がありますが、魅力が多いことは事実です。

デメリットにも目を向けつつ検討しなければならないものの、もし都市部を離れることを決めたのであれば、それはとても価値ある決断となるのではないでしょうか。

地域医療貢献に関しては国内61施設を地域住民と各自治体で一体となって運営している「地域医療振興協会」のサイトをご確認ください。
https://www.jadecom.or.jp/doctor/